×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






平賀 泰行
1970年生まれ



 6歳より剣道をはじめる。
 高校時代、ベースボールマガジン社刊、「中国武術」誌にて、八卦掌の第一人者、故・
佐藤金兵衛先生を知り、入門、佐藤金兵衛先生、また子息佐藤敏行先生から八卦掌の
指導を仰ぐ。
 その後中国武術専門誌「武藝」にて、執筆活動。
 「武藝」執筆者として取材に取り組む傍ら、山西車毅斎派形意門 趙玉祥老師、長春
八極門 李国立老師、安天栄老師、梁振圃派八卦門 隋雲江老師、欄(←手偏)手門 
故・尹金陵老師ら多くの名師と知遇を得て、指導をうける。
 現在、趙玉祥老師に指導を仰ぎ、師より山西車毅斎派形意拳布式第四代、山西車毅
斎派形意拳樊式第五代伝人の認可を受ける。
 また、趙玉祥老師の要望のもと、公認の同好会、元亨會を主宰。
 元亨會代表。



トップへ
トップへ
戻る
戻る